借り入れの支払方法でけっこう使用されてるのがリボルディングという方式です。今では一括引き落しをなくしリボルディング払いだけのクレジットカード会社というのもあったりします。それというのは一括払いの設定ではクレジットカード会社の利益が少ないからで、リボルディング払を利用して利益率を向上させるのが目的だからなのです。そして消費者側にもリボルディングの引き落しの方が直観的にわかりやすくちゃんと支払いできるということで納得する人も多いはずです。ところが、このようなことが裏目に出て使いすぎてしまうような事になってしまうことがあります。といいますのも1回目に借金しようと考えたときは、誰しも神経質になるはずです。それはキャッシングというのは借金するということに他ならないからで、よそから金銭を借りるというようなことは心情として嫌なのです。ですが1回借入してしまえば、そのあっけなさに拍子抜けして限度まで現金を引き出してしまう方がとても多いです。加えて、数回分返済が完了して、いくらかの枠が発生したというときに追加でキャッシングしてしまう。こういうのが借入の悪循環となるのです。リボ払いは少しづつしか元本が少なくなっていきません。なので、前述のような行為をしてしまえば未来永劫長期間引き落ししなければならなくなってしまいます。そうはならないようにするため、きちんと使用する範囲でしか借りないという断固たる意思と、計画的思考が必要です。こういう事態に陥った場合に気になってくるのがついつい借り過ぎてしまったらどうなるのだろうということですが作ったカードの限度というものは利用者に設定された限度なのですから、たとえ上限一杯に至るまで使ってしまっても支払が遅滞なくなされているのでしたら、カードが利用できなくなるといったことはないでしょう。ポイントのようなものが付加されるタイプのカードなら利用した金額のポイントが貯まってきます。企業にとってはとても良い利用客ということになるわけです。しかしながら返済がたびたび遅れてしまうと印象が悪くなります。ひどい場合サービスの利用停止といった処置が与えられる場合もあります。カードが使用できなくなっても、当然完済まで支払い続ける必要があることに変わりはありません。